TLSで暗号化通信をする

TLSで暗号化通信をする

リモートUIによるパソコンのウェブブラウザーとの通信やインターネットを経由して印刷するIPP印刷をTransport Layer Security(TLS)を使って暗号化できます。TLSはネットワーク上で情報を暗号化して送受信するための仕組みです。リモートUIを使ってIPSec通信(事前共有鍵方式)の設定をしたり、IEEE 802.1X認証(TTLS/PEAP)やSNMPv3の設定をしたりするときはTLSを有効にする必要があります。TLS暗号化通信を行うには、使用する鍵ペアを指定してからTLSを有効にします。使用する鍵ペアはあらかじめ用意しておいてください(鍵ペアと電子証明書の設定をする)。
1
リモートUIを起動し、管理者モードでログインする リモートUIを起動する
2
[設定/登録]をクリックする
3
[ネットワーク]  [TCP/IP設定]をクリックする
4
[TLS設定]にある[鍵と証明書]をクリックする
5
鍵と証明書の一覧から使用する鍵を選び、[使用鍵設定]をクリックする
証明書の内容を確認するには
[鍵の名前]のリンクか証明書のアイコンをクリックすると、証明書の詳細情報確認や検証ができます。鍵ペアとCA証明書を検証する
[使用鍵設定]が表示されない場合
すでに[リモートUI設定]または[IPP印刷の設定]でTLSが有効になっている場合は表示されません。使用する鍵を変更する場合は手順6を参照し、[リモートUI設定]または[IPP印刷の設定]の[TLSを使用する]のチェックマークを外してください。
6
TLSを有効にする
リモートUIの通信にTLSを使う
1
[セキュリティー] [リモートUI設定]をクリックする
2
[編集]をクリックする
3
[TLSを使用する]にチェックマークを付け、[OK]をクリックする
[TLSを使用する]
リモートUIの通信にTLSを使用するときはチェックマークを付けます。使用しない場合はチェックマークを外してください。
暗号化通信できる機能にTLSを使う
7
ハードリセットする
[デバイス制御]をクリックし、[ハードリセット]を選んだあと、[実行]をクリックします。
ハードリセット後に設定が有効となります。
操作パネルで設定するとき
操作パネルの設定メニューからリモートUIのTLS暗号化通信を有効/無効に切り替えることもできます。リモートUI設定
TLSを有効にしてリモートUIを起動したとき
TLS有効時にリモートUIを起動すると、セキュリティー証明書に関する警告メッセージが表示されることがあります。この場合はアドレス入力欄に入力したURLに間違いがないか確認してから、操作を続行してしてください。リモートUIを起動する
15A7-04U