HTTP通信を無効にする

HTTP通信を無効にする

HTTPはリモートUIから本機を操作するときなどに使われます。ネットワークを使用せずUSB接続で本機をお使いの場合や、HTTP通信を使用しない場合は、その機能を無効にすることで、悪意のある第三者が未使用ポートから本機に侵入する危険性を減らすことができます。
HTTP通信を無効にすると、リモートUIの操作やWSD印刷、Google Cloud Printでの印刷などのネットワークを介した操作ができなくなります。
1
(セットアップ)を押す
2
で<ネットワーク>を選び、 を押す
メッセージが表示されたら、 を押します。
3
<TCP/IP設定>  <HTTP>の順に進む
4
<OFF>を選び、 を押す
 <OFF>
HTTP通信を無効にします。
 <ON>
HTTP通信を有効にします。
5
ハードリセットする ハードリセットする
ハードリセット後に設定が有効となります。
15A7-04J