表紙など文書の一部を別の用紙に印刷する

表紙など文書の一部を別の用紙に印刷する

 
たとえば、小冊子を作るとき「表紙だけ色紙に印刷したい」というようなことがありますが、このように特定のページだけ用紙を指定して印刷することができます。この場合、表紙の色紙は手差しトレイに、本文の普通紙は給紙カセットにセットしておき、プリンタードライバーで用紙設定をします。
[給紙]タブ  [給紙方法]で別の用紙に印刷するページと給紙部を選択 [OK]

 [給紙方法]

どのページを別の用紙に印刷するかを選んで、ページごとにどの給紙部から給紙するかを選びます。
[全ページを同じ用紙に印刷]
すべてのページを同じ用紙に印刷し、特定ページだけを別の用紙で印刷することはしません。全ページとも[給紙部]で指定した用紙が使用されます。
[最初と最後の用紙を指定して印刷]
最初のページ、本文、最後のページ、のそれぞれに異なる用紙を使うことができます。たとえば、[最初のページ]で手差しトレイの用紙を使い、[その他のページ](つまり本文)で給紙カセットの用紙を、そして[最後のページ]で手差しトレイの用紙を使う、というようなことが可能です。[用紙種類]で用紙の種類を指定して印刷することもできます。
[最初と2枚目、最後の用紙を指定して印刷]
[最初と最後の用紙を指定して印刷]に加えて、表紙の次に来るページ(2 枚目のページ)の用紙を設定することができます。[用紙種類]で用紙の種類を指定して印刷することもできます。
[表紙の用紙を指定して印刷]
製本印刷時(小冊子を作る(製本印刷))の設定です。表紙と本文で異なる用紙を使うことができます。たとえば、[表紙]で手差しトレイの用紙を使い、[その他のページ](つまり本文)で給紙カセットの用紙を使う、というようなことが可能です。
15A7-020