SNTPの設定をする

SNTPの設定をする

 
SNTPはネットワーク上のタイムサーバーを基準にして時刻を調整するためのプロトコルです。SNTPを使うと一定間隔でタイムサーバーを確認するので、常に正確な時刻を保つことができます。
NTPサーバー(NTPv3)とSNTPサーバー(SNTPv3およびv4)の両方に対応しています。
1
リモートUIを起動し、管理者モードでログインする リモートUIを起動する
2
[設定/登録]をクリックする
3
[ネットワーク]  [TCP/IP設定]をクリックする
4
[SNTP設定]にある[編集]をクリックする
5
[SNTPを使用する]にチェックマークを付け、必要な情報を入力する
[SNTPを使用する]
チェックマークを付けるとSNTPを使用して時刻調整を行います。使用しないときはチェックマークを外してください。
[NTPサーバー名]
NTPまたはSNTPサーバーのIPアドレスを入力します。DNSサーバーを利用できるときは、IPアドレスの代わりに「ホスト名.ドメイン名」(またはFQDN)を255文字以内の半角英数字で入力することもできます(入力例:「ntp.example.com」)。
[ポーリング間隔]
何時間おきに時刻を調整するかを1~48(時間)の範囲で入力します。
6
[OK]をクリックする
7
ハードリセットする
[デバイス制御]をクリックし、[ハードリセット]を選んだあと、[実行]をクリックします。
ハードリセット後に設定が有効となります。
NTP/SNTPサーバーと通信できるか確認するには
登録したサーバーとの通信状況を確認するときは、[設定/登録]  [ネットワーク]  [TCP/IP設定]をクリックして表示される[SNTP設定]の[NTPサーバー確認]をクリックします。正しく接続されているときは下の画面のように表示されます(ただし、このときは通信状況を確認するだけで、時刻合わせは行いません)。
操作パネルで設定するとき
操作パネルの設定メニューからSNTP設定を有効/無効に切り替えることもできます。SNTP
15A7-03S