IPP/IPPSを使用する

IPP/IPPSを使用する

印刷プロトコルをIPPまたはIPPSにするには、以下の手順でプリンタードライバーをインストールする必要があります。プリンタードライバーは付属のユーザーソフトウェアCD-ROM/DVD-ROMに収録されています。作業を始める前に、ユーザーソフトウェアCD-ROM/DVD-ROMをパソコンにセットしてください。
ここでの操作をするには、管理者のアカウントでパソコンにログオンしている必要があります。
あらかじめリモートUIでIPP印刷の設定を済ませておいてください。
印刷プロトコルやWebサービスの設定をする
CD-ROM/DVD-ROMをセットしたときに表示されるトップ画面は、終了してください。
1
プリンターフォルダーを開く プリンターフォルダーの表示方法
2
[プリンターの追加]をクリックする
3
Windows Vista/7/Server 2008の場合、[ネットワーク、ワイヤレスまたはBluetoothプリンターを追加します]をクリックする
4
[探しているプリンターはこの一覧にはありません]または[プリンターが一覧にない場合]をクリックする
5
[共有プリンターを名前で選択する]を選び、接続先を入力して、[次へ]をクリックする
IPPを使用するときは、接続先に「http://<本機のIPアドレス>/ipp」を入力します。
入力例:「http://192.168.1.82/ipp」
IPPSを使用するときは、接続先に「https://<本機のIPアドレス>/ipp」を入力します。
入力例:「https://192.168.1.82/ipp」
DNSサーバーを使用しているときは、<本機のIPアドレス>の代わりに<本機のホスト名.ドメイン名>を入力してください(入力例:「https://my_printer.example.com/ipp」)。
6
[ディスク使用]をクリックする
7
[参照]をクリックする
8
プリンタードライバーが収録されているフォルダーを指定し、INFファイルを選んだあと、[開く]をクリックする
フォルダーはお使いのOSに応じて、次のように指定してください。お使いのOSが32ビット版と64ビット版のどちらなのかがわからないときは、プロセッサバージョンの確認方法を参照してください。
32ビット版OSの場合
ユーザーソフトウェアCD-ROM/DVD-ROMの[LIPSV]-[LIPSLX]または[LIPS4]-[32BIT]-[Driver]フォルダーを指定します。
64ビット版OSの場合
ユーザーソフトウェアCD-ROM/DVD-ROM内の[LIPSV]-[LIPSLX]または[LIPS4]-[x64]-[Driver]フォルダーを指定します。
IPP認証機能を使用しているとき
パスワードの入力を求められたら、ユーザー名とパスワードを入力し、[OK]をクリックします。印刷プロトコルやWebサービスの設定をする
9
画面の指示に従って設定を進める
プリンタードライバーがインストールされます。IPPSを使うときは、パソコンに本機の公開鍵をインストールしてください。

本機の公開鍵をインストールする

IPPSを使用する場合は、さらに本機の公開鍵をパソコンにインストールする必要があります。
鍵ペアの[共通名]には、本機に接続するときの「IPアドレス」または「ホスト名.ドメイン名」をあらかじめ設定しておく必要があります。鍵ペアを生成する
15A7-03E