印刷プロトコルやWebサービスの設定をする

印刷プロトコルやWebサービスの設定をする

パソコンから文書を印刷するときに使用する印刷プロトコルの設定をします。本機が対応している印刷プロトコルは、LPD、RAW、IPP/IPPS、WSD (Web Services on Devices)、FTP、BMLinkSです。ここではLPD、RAW、IPP/IPPS、およびWSDの設定を説明します。FTPやBMLinkSを使うときはFTPクライアントを使用する、またはメーカー共通のドライバーを使用して印刷する(BMLinkS)を参照してください。
1
リモートUIを起動し、管理者モードでログインする リモートUIを起動する
2
[設定/登録]をクリックする
3
[ネットワーク] [TCP/IP設定]をクリックする
4
印刷プロトコルの設定をする
LPDの設定をする
RAWの設定をする
IPP/IPPSの設定をする
WSDの設定をする
5
ハードリセットする
[デバイス制御]をクリックし、[ハードリセット]を選んだあと、[実行]をクリックします。
ハードリセット後に設定が有効となります。
 
操作パネルで設定するとき
操作パネルの設定メニューからLPD印刷、RAW印刷、IPP印刷を有効/無効に切り替えることもできます。
操作パネルの設定メニューでWSDの設定を行うこともできます。WSD
お使いのパソコンで行う作業
本機側の設定が完了すると、お使いのパソコンにも設定やパソコンのインストールが必要な場合があります。必要に応じてパソコンを設定してください。
印刷ポートの設定をする
本機のIPアドレスが変更されたり、Windowsのプリンターフォルダーでプリンターを追加したりすると、エラーが発生して印刷できないことがあります。これは「パソコン側でプリンタードライバーに設定した印刷ポートの種類が間違っている」など、印刷ポートの設定に問題がある場合に発生するトラブルです。このような場合は、印刷ポートを設定する必要があります。詳しくは、オンラインマニュアルサイトの各種ドライバーから、マニュアルの標準TCP/IPポートの変更手順を参照してください。
Windows Vista/7/8/10でWSDネットワークデバイスを追加する
WSDポートを使用してプリンタードライバーをインストールします。詳しくは、オンラインマニュアルサイトの各種ドライバーから、マニュアルを参照してください。
IPP/IPPSを使用する
IPP用のポートを指定してプリンタードライバーをインストールします。
IPP/IPPSを使用する
15A7-03C