IPv4アドレスを設定する

IPv4アドレスを設定する

 
IPv4アドレスの設定方法には、DHCPなどを使って自動で割り当てる方法と、自分で入力する方法がありますのでいずれかを選択してください。作業を始める前にまずLANケーブルのコネクタがポートにしっかり差し込まれているか再確認してください(有線LANに接続する)。

IPv4アドレスを設定する

1
(セットアップ)を押す
2
で<ネットワーク>を選び、 を押す
メッセージが表示されたら、 を押します。
3
<TCP/IP設定> <IPv4設定> <IPモード>の順に進む
4
IPアドレスを設定する
 <自動>
DHCPなどによってIPアドレスを自動的に割り当てるときに選びます。
 <手動>
IPアドレスを自分で入力して設定するときに選びます。
DHCPなどで自動的に割り当てる
1
<自動>を選び、 を押す
2
<プロトコル選択>を選び、 を押す
3
<DHCP>、<BOOTP>、<RARP>のうちいずれか1つを選び、 を押す
DHCP、BOOTP、RARPのうち1つのみを使用することができます。選んだ項目の設定を<ON>にすると、残り2つの設定は自動的に<OFF>になります。
4
<ON>を選び、 を押す
5
 を押す
6
<Auto IP>を選び、 を押す
7
<ON>を選び、 を押す
DHCPを使うとき
本機の電源を入れなおすと、印刷できなくなることがあります。これは、今まで使用していたIPアドレスとは異なるIPアドレスが割り当てられたためです。DHCPを使用するときは、ネットワーク管理者にお問い合わせのうえ、次のいずれかの設定を行ってください。
DNS動的更新機能の設定をする DNSの設定をする
DHCPサーバーで、本機に常に同じIPアドレスを割り当てるように設定する
IPアドレスの自動割り当てにDHCP/BOOTP/RARPを使わないとき
すべてのプロトコルを<OFF>に設定してください。DHCP/BOOTP/RARPサーバーを使用できないときにいずれかのプロトコルを<ON>に設定すると、本機はネットワーク内でサービスが提供されているか確認しつづけるので、無駄な通信が発生します。
優先されるIPアドレス
Auto IPが有効でも、DHCPやBOOTP、RARPで取得されたIPアドレスが優先されます。
自分で入力して設定する
1
<手動>を選び、 を押す
2
<IPアドレス設定>を選び、 を押す
3
IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを設定する
設定する項目を選んで  を押したあと、アドレスを入力して  を押します。
アドレスの入力方法
で入力したいフィールド(ピリオドで区切られた入力箇所)に移動し、テンキーで数値を入力します。
入力するIPアドレスがわからないとき
ネットワークのルーターの設定からIPアドレスを決めることができます。本機に割り当てるIPアドレスを決める
5
ハードリセットする ハードリセットする
ハードリセット後に設定が有効となります。
正しく設定できたか確認するには
パソコンでリモートUIのログイン画面を表示できるか確認してください(リモートUIを起動する)。
プリンタードライバーをインストールしたあとにIPアドレスを変更したとき
使用するポートを設定しなおす必要があります。詳しくは、オンラインマニュアルサイトの各種ドライバーから、マニュアルの標準TCP/IPポートの変更手順を参照してください。

本機に割り当てるIPアドレスを決める

本機のIPアドレスを固定して使うときは、以下に紹介する方法でIPアドレスを決めることができます。
15A7-038