[デバイスの設定]シート

デバイスのオプションの設定、および管理者向け設定を行うことができます。
また、このシートの[部門別ID管理機能を使う]で、認証情報を確認するよう設定した場合は、印刷時に確認ダイアログボックスが表示されます。
ここでは、[デバイスの設定]シートと、認証情報を確認するダイアログボックスの項目について説明します。

各項目の説明

[給紙オプション]/[排紙オプション]/[両面ユニット]
デバイスに装着されているオプションを有効にします。
デバイス情報を取得して設定に反映するには、[デバイス情報取得]をクリックします。
[内部スプール処理]
印刷データの処理を、ホスト(コンピューター)側で行うか、デバイス側で行うか選択します。[自動]を選択すると、デバイスの機能だけで処理が可能なときにはデバイス側で処理するため、印刷速度が上がります。
[部門別ID管理機能を使う]
部門別IDと暗証番号/パスワードによる印刷管理を行います。
[設定]> [部門ID/暗証番号の設定]/[部門ID/パスワードの設定]ダイアログボックス
部門ID管理の詳細設定を行います。
[+][-]
[ユーザー情報を設定する]
印刷ジョブに使用するユーザー名と、セキュアプリントの暗証番号を設定します。
[設定]>[ユーザー情報の設定]ダイアログボックス
[+][-]
[セキュアプリントの使用を許可する]
[出力方法]>[セキュアプリント]を使用するには、この機能を選択します。
[詳細設定]>[詳細設定]ダイアログボックス
ユーザー設定用紙の詳細、印刷データのジョブ名など、ドライバーの詳細設定をします。
[給紙方法と用紙の割り当て]>[給紙方法と用紙の割り当て]ダイアログボックス
各給紙部に設定されている、用紙サイズと用紙の種類を設定します。
[給紙部の情報]>[給紙部の情報]ダイアログボックス
給紙部の情報が表示されます。
[Add-in情報]
ドライバーに追加されているAdd-in(拡張機能)の情報を表示します。
[言語設定]>[言語設定]ダイアログボックス
表示言語を切り替えます。
[デバイス情報取得]
デバイスの情報を取得して、以下の設定に反映します。
プリンターのオプション設定([給紙オプション]/[排紙オプション]/[両面ユニット])
[部門別ID管理機能を使う]
[給紙部の情報]
[バージョン情報]
ドライバーのバージョン情報を表示します。
重要
デバイスに装着されていない給紙部を設定した場合、用紙は、デバイスの優先給紙部から排紙されます。
指定した給紙部と用紙サイズ/種類が一致しない場合は、エラーが発生します。
仕上げ機能のないデバイスに対して仕上げ機能を指定した場合は、仕上げ機能なしで印刷を行います。たとえば、両面印刷をサポートしていないデバイスに対して両面印刷を指定した場合は、用紙の片面にしか印字されません。両面印刷をサポートしていないデバイスで、両面印刷を指定した場合、データは紙の片面に印刷されます。
部門別ID管理機能をサポートしていないデバイスからの印刷時に、部門別ID管理を設定した場合は、エラーが発生します。 

認証情報確認ダイアログボックス

[部門ID/暗証番号の確認]/[部門ID/パスワードの確認]ダイアログボックス
[部門ID]
デバイス側で設定されている部門IDを設定します。
[暗証番号]/[パスワード]
部門別ID管理の暗証番号/パスワードを設定します。暗証番号/パスワードがデバイス側で設定されていない場合は、空欄にします。

関連項目