クライアントコンピューターをセットアップする

Access Management Systemで、コンピューターからの印刷を制限するには、コンピューターにインストールされているプリンタードライバーにAMS Printer Driver Add-inを組み込み、ユーザー情報を設定する必要があります。
 
この運用例では、3台のデバイスを使用しますが、デバイス_Aとデバイス_Bとデバイス_Cは同じ機種なので、1つのプリンタードライバーを使用します。
1台のコンピューター上に複数の種類のプリンタードライバーがある場合でも、1回の操作で各プリンタードライバーにAMS Printer Driver Add-inをインストールすることができます。
AMS Printer Driver Add-inをインストールすると、各プリンタードライバーに関連付けられているすべてのプリンターアイコンに[AMS]ページが追加されます。
1つの[AMS]ページ上で設定すれば、ログオン中のコンピューターから使用するすべてのAMS Printer Driver Add-inに適用されるので、ユーザー情報の設定も1回の操作で完了します。
重要
AMS Printer Driver Add-inをインストールする前に、インストールされているプリンタードライバーがAMS対応プリンタードライバーであることをご確認ください。AMS対応プリンタードライバーでない場合、正しくインストールできません。詳細は、「クライアントコンピューター(AMS Printer Driver Add-in )」を参照してください。
共有プリンター環境で使用する場合は、プリントサーバー上のプリンタードライバーに、AMS Printer Driver Add-inをインストールしてください。(プリントサーバー上のプリンタードライバーにAMS Printer Driver Add-inをインストールした後、クライアントコンピューター上のプリンタープロパティダイアログボックスに[AMS]ページが表示されるまでに、時間がかかる場合があります。しばらく待っても[AMS]ページが表示されない場合は、クライアントコンピューターにプリンターアイコンを追加しなおしてください。)
システムを構成するすべての機器(デバイス、クライアントコンピューター、サーバーコンピューターなど)の日付/時刻が合っていないと、印刷に時間がかかったり、印刷できなかったりすることがあります。デバイスの設定方法については、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。
ご使用の環境によっては、AMS Printer Driver Add-inをインストールする必要はありません。詳細は、「Access Management Systemの構成」を参照してください。

AMS Printer Driver Add-inをインストールする

1.
WindowsのAdministrator権限を持つユーザーでコンピューターにログオンします。
2.
Windows 8/Server 2012を使用している場合は、デスクトップへ移動します。
3.
起動しているアプリケーションをすべて終了します。
4.
デバイス_Aとデバイス_Bとデバイス_Cが使用するプリンタードライバーの最新版と、Canon Driver Information Assist Serviceをインストールします。
Canon Driver Information Assist Serviceは、プリンタードライバーのインストール時に、同時にインストールできます。ウィザードに従って、操作してください。
メモ
最新のプリンタードライバーは、キヤノンのWebサイトからダウンロードできます。
プリンタードライバーが「Standard TCP/IPポート」でインストールされていない場合は、「Standard TCP/IPポート」で更新することをお勧めします。
5.
デバイス_Aとデバイス_Bとデバイス_Cのプリンターアイコンを追加します。
詳細は、お使いのWindowsの取扱説明書を参照してください。
6.
AMS Printer Driver Add-in のSetup.exeをダブルクリックします。
AMS Printer Driver Add-in セットアップウィザードが開始されます。
7.
[次へ]をクリックします。
8.
内容を確認して、[はい]をクリックします。
9.
[ドライバー一覧] からAMS Printer Driver Add-inをインストールするドライバーを選択し、[追加]をクリックします。
この運用例では、デバイス_Aとデバイス_Bとデバイス_Cが使用するドライバーを選択した後、[追加]をクリックします。
10.
[次へ]をクリックします。
11.
[Access Management System Add-inをインストールするドライバー一覧] に適切なドライバー名が表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。
この運用例では、デバイス_Aとデバイス_Bとデバイス_Cが使用するドライバーが表示されていることを確認した後、[次へ]をクリックします。
12.
デバイス(プリンター)情報を取得するかどうかを確認するメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
[いいえ]をクリックすると、デバイス情報は取得されません。次の画面でプリンターのIPアドレスまたはホスト名を入力してください。
13.
[開始]をクリックします。
前の画面で[いいえ]をクリックした場合は、そのドライバーの[IPアドレス/ホスト名]欄をクリックして、デバイスのIPアドレスまたはホスト名を入力してください。
[IPアドレス/ホスト名]欄に[指定してください]と表示されている場合は、[IPアドレスの取得]をクリックしてください。IPアドレスが取得できない場合は、そのドライバーの[IPアドレス/ホスト名]欄をクリックして、デバイスのIPアドレスまたはホスト名を入力してください。
この運用例では、デバイス_A、デバイス_B、デバイス_CのIPアドレスが表示されていることを確認した後、[開始]をクリックします。
14.
インストールを開始するかどうかを確認するメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。
AMS Printer Driver Add-in のインストールが開始されます。
15.
[終了]をクリックします。
16.
表示されたダイアログボックスで、[はい]をクリックします。
コンピューターが再起動され、インストールが終了します。

AMS Printer Driver Add-inにユーザー情報を設定する

1.
AMS Printer Driver Add-inをインストールしたコンピューターにログオンします。
2.
Windows 8/Server 2012を使用している場合は、デスクトップへ移動します。
3.
デバイス_Aのアイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
4.
[AMS]タブをクリックします。
5.
[ユーザー名/パスワード]をクリックします。
[認証に使うユーザー名/パスワードの設定]ダイアログボックスが表示されます。
6.
[認証先]で[このデバイス]が選択されていることを確認し、[ユーザー名]と[パスワード]に[sales_temp]のユーザー名とパスワードを入力したあと、[OK]をクリックします。
[ユーザー名]:sales_temp
[パスワード]:t_password
メモ
この運用例では、デバイスの環境設定の[プリンタードライバーの制御]で[ユーザー認証情報を保持する]にチェックマークを付けたので、[パスワードを保存し、印刷時に認証情報を確認しない]チェックボックスが有効になっています。
7.
[印刷時に印刷制限情報を確認する]にチェックマークを付けます。
8.
[OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

他のクライアントコンピューターをセットアップする

AMS Printer Driver Add-inをインストールする」と「AMS Printer Driver Add-inにユーザー情報を設定する」の手順に従って、すべてのユーザーのクライアントコンピューターをセットアップします。