操作の流れ

ここでは、操作の流れを説明します。詳細な操作手順については、各ページを参照してください。

1. デバイスとネットワーク環境を準備する

Access Management Systemで運用するすべてのデバイスについて、ネットワーク環境や日時などを設定し、システム管理部門IDを登録します。

2. AMSを有効にする

Access Management Systemで運用するすべてのデバイス上で、AMSを有効にします。
詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

3. User Authenticationを起動する

すべてのAMS対応デバイスで、User Authenticationを起動します。
詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

4. デバイスの環境設定を行う

すべてのAMS対応デバイスに、ユーザー認証方式やログイン方式、未登録ユーザーの使用可否などを設定した後、再起動します。この運用例では、デバイス_Aとデバイス_Cをデバイス認証に設定し、デバイス_Bを機能別認証に設定します。また、デバイス_Aとデバイス_Bには未登録ユーザーの使用を許可し、デバイス_Cには未登録ユーザーの使用を禁止します。

5. カスタムロールを作成する

この運用例では、デバイス_A上で、[Genaral User]ロールをもとにして、派遣社員用の[temp_custom]ロールを作成します。また、[Guest User]ロールの内容も確認しておきます。

6. ロールをエクスポートする

この運用例では、 デバイス_A上のロール([temp_custom]ロールだけでなくベースロールを含むすべてのロール)をエクスポートします。

7. ローカルユーザーを登録し、ロールを指定する

デバイス_A上で、ユーザー情報を作成します。この運用例では、営業部とシステム管理部のスタッフのローカルユーザーアカウントを作成します。また、ユーザー情報には、各ローカルユーザーに適用するロール名も登録します。
重要
部門別ID管理機能を使用する場合は、各ユーザーのユーザー情報に部門IDを設定してください。

8. ユーザー情報をエクスポートする

デバイス_A上で作成したユーザー情報をエクスポートします。

9. ロールとユーザー情報をインポートする

すべてのAMS対応デバイスに、ロールとユーザー情報をインポートします。この運用例では、デバイス_Bとデバイス_Cにロールとユーザー情報をインポートします。

10. 部門別ID管理機能を起動する

部門別ID管理機能を起動します。この運用例では、デバイス_A、デバイス_B、デバイス_Cに営業部とシステム管理部の部門IDを登録します。
重要
部門別ID管理機能を起動する前に、各ユーザーのユーザー情報に部門IDが設定されていることを確認してください。部門別ID管理機能を起動すると、ユーザー情報に部門IDが登録されていないユーザーは、ログインできません。

11. タッチパネルディスプレーでログイン方式と使用制限を確認する

この運用例では、デバイス_Aとデバイス_Cがデバイス認証に、デバイス_Bが機能別認証に、それぞれ設定されていることを確認します。また、各ユーザーでデバイスにログインし、指定した使用制限が適用されていることを確認します。

12. クライアントコンピューターをセットアップする

すべてのユーザーのコンピューターにAMS Printer Driver Add-inをインストールし、各々のユーザー情報を設定します。

13. クライアントコンピューターで印刷制限を確認する

クライアントコンピューターで、指定した印刷制限が適用されていることを確認します。