サーバー認証方式で運用する場合のセットアップの流れ

ここでは、Access Management Systemをサーバー認証方式で運用する場合のセットアップの流れを説明します。
重要
サーバー認証方式で運用する場合は、サーバーで管理されているユーザー情報を利用するので、ローカルデバイス認証方式でのユーザー管理に関する操作は不要です。
システム構成やユーザー認証方式によって、必要な手順が異なります。ローカルデバイス認証方式で運用する場合は、「ローカルデバイス認証方式で運用する場合のセットアップの流れ」を参照してください。

1. デバイスとネットワーク環境の準備

Access Management Systemで運用するすべてのデバイスについて、ネットワーク環境や日時などを設定し、システム管理部門IDを登録します。

2. AMSを有効にする

Access Management Systemで運用するすべてデバイス上で、AMSを有効にします。
詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

3. User Authenticationを起動する

すべてのAMS対応デバイスで、User Authenticationを起動します。
詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

4. セキュリティーを設定する

パスワードやロックアウトのポリシーなど、セキュリティーに関する設定を行います。
詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

5. デバイスの環境設定を行う

すべてのAMS対応デバイスの環境設定を行います。

6. ロールを管理する

必要に応じて、カスタムロールを作成/編集し、ゲストロールを編集します。ロールは、インポート/エクスポートできるので、複数台のデバイス上で利用できます。

サーバー認証方式で運用する場合の注意事項

ここでは、Access Management Systemをサーバー認証方式で運用する際の注意事項について説明します。

ローカルデバイス認証とサーバー認証を併用する場合のセットアップの流れについて

Access Management Systemでは、ネットワーク障害など何らかの原因でサーバーにアクセスできなくなった場合に備えて、ローカルデバイス認証との併用をおすすめしています。ローカルデバイス認証とサーバー認証を併用する場合は、「ローカルデバイス認証方式で運用する場合のセットアップの流れ」のStep1~7に従って操作した後、「サーバー認証方式で運用する場合のセットアップの流れ」のStep5を行ってください。
ローカルデバイス認証とサーバー認証を併用する環境を構築した場合、ローカルユーザー情報を作成しないでローカルデバイス認証方式でデバイスを使用すると、すべてのユーザーが未登録ユーザー([Guest User])としてデバイスを使用することになります。
重要
User Authenticationのサーバー認証方式を利用する場合は、部門別ID管理機能と併用できません。

コンピューターからの印刷の制限について

コンピューターからの印刷を制限するには、上記の操作がすべて完了した後、コンピューターにインストールされているプリンタードライバーに、AMS Printer Driver Add-inを組み込む必要があります。詳細は、「クライアントコンピューターをセットアップする」を参照してください。