デバイス機能の使用制限

ベースロールには、デバイス機能の使用制限が、以下のように設定されています。カスタムロールでは、以下の各項目の設定を変更することができます。
重要
ゲストロール([Guest User])は、デバイスの使用制限の設定値を変更することができます。カスタムロール(管理者)([DeviceAdmin]/[NetworkAdmin])は、デバイスの使用制限の設定値を変更できません。

[機能カテゴリー制限]

デバイス機能の使用制限を、カテゴリーごとに設定します。
重要
ここでの設定よりも、[アプリケーション制限]の設定が優先されます。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
プリント機能
許可する
許可しない
保存機能(ボックス/ホールド/メモリーメディア)
許可する
許可しない
コピー機能
許可する
許可しない
送信機能/ネットワーク
への保存
許可する
許可しない
ウェブブラウザー機能
許可する
許可しない
ユーティリティー機能
許可する
許可しない
その他の機能
許可する
許可しない

[機能カテゴリー制限の詳細]

[機能カテゴリー制限]と[アプリケーション制限]で[許可する]に設定されているか、未設定のデバイス機能について、使用制限を詳細に設定します。
メモ
お使いの機種によっては、対応していない制限項目があります。
プリント機能
コンピューターからの文書の出力制限(出力先:プリント、ボックス)を設定します。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
プリント
許可する
許可しない
カラープリント
カラープリント可能
モノクロプリントのみ可能
プリント方法
片面プリント可能
両面プリントのみ可能
ページレイアウト
制限なし
1 in 1 不可
1~2 in 1 不可
ボックスへの保存
許可する
許可しない
重要
機種によって、ボックスへの保存機能を使用するにはファームウェアのバージョンアップが必要です。お使いのデバイスでファームウェアのバージョンアップが必要かどうかについては、担当サービスにお問い合わせください。
ご使用の環境によっては、AMS Printer Driver Add-inをインストールする必要はありません。詳細は、「Access Management Systemの構成」を参照してください。
保存機能(ボックス/メモリーメディア)
ボックス文書の出力制限(出力先:プリント)を設定します。
重要
この項目で制限できるのは、MEAPアプリケーションによるボックス文書の出力のみです。MEAPアプリケーション以外の機能を使ったボックス文書の出力は制限できません。たとえば、USBメモリをデバイスに接続してUSBメモリ内の文書をプリントする操作は、AMSでは制限できません。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
プリント
許可する
許可しない
カラープリント
制限なし
フルカラープリント不可
フルカラー/2色カラープリント不可
モノクロプリントのみ可能
プリント方法
片面プリント可能
両面プリントのみ可能
ページレイアウト
制限なし
1 in 1 不可
1~2 in 1 不可
保存機能(メモリーメディア)
メモリーメディアへの文書の入出力制限を設定します。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
メモリーメディア
許可する
許可しない
スキャン
許可する
許可しない
プリント
許可する
許可しない
コピー機能
スキャン文書の出力制限(出力先:プリント)を設定します。
制限項目
[Administrator]
[DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
カラーコピー
制限なし
フルカラーコピー不可
フルカラー/2色カラーコピー不可
モノクロコピーのみ可能
コピー方法
片面コピー可能
両面コピーのみ可能
ページレイアウト
制限なし
1 in 1 不可
1~2 in 1 不可
スキャン機能
スキャン機能の使用制限を設定します。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
スキャン
許可する
許可しない
カラースキャン
許可する
許可しない
送信機能/ネットワークへの保存
スキャン文書やボックス文書の出力制限(出力先:外部送信)などを設定します。imageRUNNER ADVANCEでは、ファイルサーバーやネットワークストレージへの保存にも適用します。
制限項目
[Administrator][DeviceAdmin]
[NetworkAdmin]
[Power User]
[General User]
[Limited User]
[Guest User]
Eメール送信
許可する
許可しない
Eメール送信(「自分へ送信」機能の利用)
許可する
許可しない
Iファクス送信
許可する
許可しない
ファクス送信
許可する
許可しない
FTP送信
許可する
許可しない
Windows(SMB)送信
許可する
許可しない
「マイフォルダー」送信機能の利用
スキャン文書やボックス文書の出力制限(出力先:マイフォルダー)を設定します。
許可する
許可しない
WebDAV送信
許可する
許可しない
ボックス送信
スキャン文書の出力制限(出力先:ボックス)を設定します。
許可する
許可しない
宛先ドメインの指定
許可する
許可しない
アドレス帳の利用/ネットワーク保存先の登録
imageRUNNER ADVANCEでは、ネットワークストレージの登録/編集/削除にも適用されます。
User Authenticationが搭載されている機種では、リモートUIで提供されるアドレス帳(宛先表の管理機能)の使用制限にも適用されます。
制限なし
利用不可
閲覧のみ可能
個人宛先表の利用
個人宛先表の使用制限を設定します。
許可する
許可しない
新規宛先への送信
許可する
許可しない
送信時の機器署名
PDF送信時の機器署名の使用制限を設定します。
付加する
付加しない
送信するファイル形式
機器署名を付加できないファイル形式の送信の使用制限を設定します。
制限なし
制限する

[アプリケーション制限]

AMSでは、機能ごと([機能カテゴリー制限]と[機能カテゴリー制限の詳細])の使用制限のほかに、アプリケーションごとの使用制限([アプリケーション制限])を設定することができます。
[アプリケーション制限]が設定されている場合は、その設定値に従って使用制限されますが、未設定の場合は、そのアプリケーションが所属する[機能カテゴリー制限]と[機能カテゴリー制限の詳細]の設定値に従って使用制限されます。いずれの機能カテゴリーにも所属していないアプリケーションは、[機能カテゴリー制限]の[その他の機能]の設定値に従って使用制限されます。
基本アプリケーションは、それぞれ、以下の機能カテゴリーに所属しています。
基本アプリケーション
カテゴリー
ウェブブラウザー
[ウェブブラウザー機能]カテゴリー
コピー
[コピー機能]カテゴリー
スキャンして送信/ファクス
[送信機能/ネットワークへの保存]カテゴリー
プリント/セキュアプリント
[プリント機能]カテゴリー
ホールド
[保存機能(ボックス/ホールド/メモリーメディア)]カテゴリー
モバイルプリント
[プリント機能]カテゴリー
保存ファイルの利用
[保存機能(ボックス/ホールド/メモリーメディア)]カテゴリー
重要
[機能カテゴリー制限]での設定よりも、[アプリケーション制限]の設定が優先されます。
ベースロールとカスタムロール(管理者)には、アプリケーション制限を設定できないので、すべてのアプリケーションについて、そのアプリケーションが所属する[機能カテゴリー制限]と[機能カテゴリー制限の詳細]の設定値に従って使用制限されます。

[ボタン制限]

User Authenticationが搭載されている機種では、メインメニューやカスタムメニュー上のボタンに、使用制限を設定することができます。
ただし、ボタンにはアプリケーションにより提供される機能の一部が登録されているので、[アプリケーション制限]で[許可しない]に設定されている機能は、[ボタン制限]で使用を制限していなくても、使用できません。
基本アプリケーションにより提供される以下のボタンについて、使用制限を設定できます。
ボタン/アプレット名
 アプリケーション名
コピー
コピー
ファクス
スキャンして送信
スキャンして送信
スキャンして送信
スキャンして保存
保存ファイルの利用
保存ファイルの利用
保存ファイルの利用
受信トレイ
保存ファイルの利用
セキュアプリント
セキュアプリント
ウェブブラウザー
ウェブブラウザー
リモートスキャナー
リモートスキャナー
重要
ベースロールとカスタムロール(管理者)には、ボタン制限を設定できないので、すべてのボタンについて、そのボタンが所属するアプリケーションが所属する[機能カテゴリー制限]と[機能カテゴリー制限の詳細]の設定値に従って使用制限されます。