その他の注意事項

ここでは、Access Management Systemを運用する上での注意事項について説明します。

部門別ID管理機能との併用について

User AuthenticationをActive Directory認証方式やLDAP認証方式で運用する場合は、部門別ID管理機能と併用できません。
部門別ID管理機能の詳細は、デバイスに付属の取扱説明書を参照してください。

ジョブのキャンセル

関連付けられたロールにかかわらず、使用制限が行われているAMS対応デバイスから、以下の処理中にユーザーがログアウトした場合は、ジョブがキャンセルされます。
スキャン実行中
コピーのジョブ結合の続行確認中
お試しコピーの続行確認中
ファクスのダイレクト送信中
送信文書のプレビュー中

リモートUIの制限

使用制限が行われているAMS対応デバイスに、以下のユーザー以外がログインした場合は、[ポータルへ]、[状況確認/中止]以外のボタンをクリックすると、エラー画面が表示されます。
[Administrator]/[DeviceAdmin]/[NetworkAdmin]ロールが関連付けられているユーザー
使用制限のすべての項目が制限されない設定のロールを関連付けられているユーザー

リモートUIのアドレス帳

User Authenticationが搭載されている機種では、リモートUIで提供されるアドレス帳(宛先表の管理機能)の使用制限を設定することができます。
ロールの[アドレス帳の利用/ネットワーク保存先の登録]で設定します。

リモートUIのダイレクトプリント

User Authenticationが搭載されている機種では、デバイスの環境設定で、リモートUIで提供されているダイレクトプリント機能(プリンタードライバーを介せずにプリントする機能)の使用制限を設定することができます。
デバイスの環境設定で、[利用を制限する機能]の[AMS Printer Driver Add-inを使用しないドライバーからのプリント]にチェックマークを付けた場合は、ダイレクトプリントを利用できません。
デバイスの環境設定で、[利用を制限する機能]の[AMS Printer Driver Add-inを使用しないドライバーからのプリント]にチェックマークを付けない場合は、ダイレクトプリントを利用できます。ただし、カラー印刷を制限するなどの詳細な使用制限を行うことができません。

重連コピー機能の制限

使用制限が行われているAMS対応デバイスは、重連コピーの送信元として使用することはできません。重連コピーに関連するキーは、以下のように制限されます。
コピー基本画面の[その他の機能]-[重連コピー]が表示されない
[設定/登録]画面から設定する[重連コピーのリモートデバイス登録]が無効になる

[設定/登録]画面の制限

デバイスの[設定/登録]画面の一部の設定項目は、AMSが稼働しているデバイスでは制限がかかるため、表示されなくなります。詳細は、「[設定/登録]画面の制限(imageRUNNER ADVANCE)」を参照してください。