Fコード/ISDNサブアドレスの設定

Fコード機能(暗証番号を付加する機能)やISDNサブアドレス機能(補助的な内線番号を付加する機能) を使用して、ファクスを送信できます。
メモ
お使いの機種によって、本機能に対応していない場合や使用できる機能が異なる場合があります。
1.
[プリンタ]からお使いのデバイスを選択
すべてのオプションを表示するには:
Mac OS X 10.7以降では、画面下部にある[詳細を表示]をクリックします。
2.
ポップアップメニューから[基本設定]を選択
3.
[宛先の追加]をクリック
4.
[宛先]と[ファクス番号]を入力
5.
Fコード機能を使う場合は、[Fコードを使う]をオンにする→[Fコード]と[パスワード]を入力
6.
ISDNサブアドレス機能を使う場合は、[サブアドレスを指定する]をオンにする→[サブアドレス]を入力
7.
[OK]をクリック
複数の宛先に送信する場合には、手順3~7を繰り返します。
8.
[プリント]をクリック