アドレス帳を編集する

FAX Utilityを使用して、OSの[連絡先]または[アドレスブック]に登録されている連絡先を編集したり、インポートやエクスポートしたりします。

アドレス帳のカードを追加/編集するには

アドレス帳にカードを追加したり、登録してあるカードを編集したりします。
1.
OSの[システム環境設定]を開く → [プリンタとスキャナ]をクリック
2.
使用しているデバイスを選択 → [オプションとサプライ]をクリック
3.
[ユーティリティ]を選択 → [プリンタユーティリティを開く]をクリック
4.
[アドレス帳]をクリック
5.
[カードの追加]をクリック
登録済みのカードを編集する場合は、カードを選択 → [カードの編集]をクリックします。
6.
必要に応じて、各項目を編集
7.
[OK]をクリック

アドレス帳をエクスポートするには

FAX Utilityを使用して、アドレス帳の内容をエクスポートして保存します。
保存したファイルは、Windows版のファクスドライバやデバイス、他のコンピュータにインポートして使用できます。
1.
FAX Utilityの[ファイル]メニューから、[アドレス帳]>[書き出す]を選択
2.
保存する場所、ファイル名、およびフォーマットを指定
拡張子「*.csv」で書き出す場合は、[CSV]を選択してください。
拡張子「*.abk(Canon Address Book)」で書き出す場合は[LDIF]を選択してください。
3.
[保存]をクリック
グループ情報がある場合、保存したファイル名と同じ名称で、「グループ情報ファイル(*.gsv)」も保存されます。
自宅と勤務先の両方を登録している場合、拡張LDIFファイルでは異なる宛先として保存されます。

アドレス帳をインポートするには

アドレス帳に使用するデータを、FAX Utilityを使用してインポートします。
Windows版のファクスドライバやデバイス、他のコンピュータで使用しているアドレス帳データをインポートできます。
1.
FAX Utilityの[ファイル]メニューから、[アドレス帳]>[読み込む]>[ファイル]または[Fax Driver v3.70以前のアドレス帳]を選択
「アドレス帳に登録されます」という内容のダイアログが表示された場合は、[OK]をクリックしてください。
2.
読み込むファイル(拡張子「*.csv(カンマ区切り)」、「*.dcm」、または「*.abk」)を選択
メモ
グループ情報ファイルは、CSVファイルがある場合に同時に読み込めます。拡張子(*.csv)を除いた部分がCSVファイルと一致するファイル名にしてください。また、読み込むときは、CSVファイルと同じフォルダに入れておいてください。
3.
[第1優先番号を自宅ファクス番号として使用する]または[第1優先番号を勤務先ファクス番号として使用する]を選択 → [開く]をクリック
グループとして読み込む場合は、[選択したファイルをグループとして読み込む]を有効にして、[グループ名]を入力します。

デバイスのアドレス帳について

デバイスに登録してあるアドレス帳のデータをファクスドライバにインポートして使用できます。また、コンピュータで編集したアドレス帳をデバイスにインポートすることもできます。
詳細は、デバイスのマニュアルを参照してください。
メモ
FAX Utilityでエクスポートしたアドレス帳をデバイスにインポートする場合、インポートするデバイスを選択してエクスポートしたアドレス帳を使用してください。異なるデバイスを選択してエクスポートしたアドレス帳のデータは、正しくインポートできない場合があります。

関連項目